流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

資産運用と一言で言っても、銀行預金からFXや海外投資まで、とても幅広いものです。

資産運用とは

資産運用と一言で言っても、銀行預金からFXや海外投資まで、とても幅広いものです。
少し貯金が出来てくると、それを少し増やしたいと考えるのではないでしょうか。例えば銀行預金を普通預金から、金利の良い定期預金に変えたりするのも、資産運用のひとつと言えるでしょう。この定期預金で資産運用している間は、お金が減るという事はまず考えられません。そこで、もうちょっと増やしたいと思い始めたら、勉強が必要になってきます。外貨預金や投資信託からはじまって、株式投資やFX運用などリスクもリターンもいろいろあります。
まず、最もリスクが低い資産運用として、銀行預金についてお話すると、普通預金で大手都市銀行に預けた場合の金利はあまりに低く、リスクが無い分、リターンも無い、という結果になってしまいます。その代りいつでも引き出すことが可能なので、日常生活で必要となるお金を一時的に預けておく場合に使うことが一般的です。
一方、定期預金は、その名前のとおり、一定期間が過ぎると現金として引き出すことが出来るという商品で、この一定の預入期間は、預入時に、1カ月から10年と、比較的自由に選ぶことができます。当然、預入期間が長くなればなるほど、現金化しづらくなる一方で、金利水準が高くなります。これも一つの資産運用です。


Copyright(c) 2014 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.